千夜一夜‎ > ‎

スタピはGrooveを使っています

スタジオピースは、お客さまと仕事を共有するのに、SharePoint Workspace 2010を使っています。このデスクトップツール、以前のバージョンはGrooveと呼ばれていました。ずいぶんな名前の変わりようですね?? 今日はこのアプリケーションの生い立ちを紹介します。 

GrooveはP2Pなファイル共有ツールです

Winnyとか連想しました? 不特定多数の知らない誰かとシェアが目的のソフトではないのでまずはご安心を!というか、むしろ情報が外部に漏洩しないように安全に共有するのが目的のソフトなんですよ;;

Groove(SharePoint Wordspace)って何?を理解するのは、それがP2Pであることを理解するのが全てです。P2Pって何?は、要するにサーバーがいないということです。お叱りを恐れずに言い切ってしまうと、Grooveは「サーバーのないグループウェア」です。イメージできました?

Grooveを開発した人

Grooveは、「Lotus Notesの父」と呼ばれるレイ・オジーさんの会社が開発しました。 Lotus社がIBMに吸収された後、レイ・オジーさんはGroove Netwroks社を創立してGrooveを開発しました。その後、GrooveはMicrosoft社に引き継がれ、レイ・オジーさんもMicrosoftの最高技術責任者になりました。そして、GrooveがSharePoint Workspaceと名前を変えて後、2010年10月、オジーさんはMicrosoft社を退任しました。
 
Notes→Domino、Groove→SharePointと自分の子供の名前が変わるとき、オジーさんは仕事の新しい場所を見つけにでかけるのでしょう。仕事じゃないですね。オジーさんはただ冒険の旅をしているのかもしれません。

SharePoint WorkspaceはSharePointクライアント

SharePoint Worsspace 2010としてリリースされたとき、それはSharePointサーバーのデスクトップクライアントとして機能するようにデザインされました。Grooveを捨ててSharePointの冠をかぶったということです。その道を選択したということですね。「売るために」はいつだって最重要ですから。
 
あれ、P2Pじゃなくなったの? SharePoint WorsspaceはSharePoint Serverがなくても、ちゃんとP2Pで動作します。わかりにくいですね;; おそらく、この名前の変更はMicrosoft社内でも相当にもめたでしょう。そして選択された結論がこっちだったということです。もし、ジョブズさんがMicrosoft社の社長だったらこの選択はなかったような気がします。性格が曖昧になってぼやけてしまうのがもっとも悪いデザインだからです。そしてそれがいつも選択されるのです。
 
ということで、スタピでは今でもあえて「Groove」を使っています。
レイ・オジーに敬意をこめて!
Comments